macでbitbucketにSSH接続してcloneする方法まとめ

個人でも利用しやすいバージョン管理システム、Bitbucket

専門知識がなくても、macにて指定のソースコード一式をcloneするまでの手順をまとめました。

目次

SSH接続してcloneするまでの手順

Bitbucketに接続してgit cloneするまでの手順は以下の通りです。

  1. SSH接続のための公開鍵・秘密鍵を作成
  2. 接続設定ファイルを作成
  3. Bitbucketに公開鍵を登録
  4. git clone

SSH接続のための公開鍵・秘密鍵を作成

まずターミナルを起動し、秘密鍵を保管する場所に移動しましょう。

$ cd ~/.ssh

もしcd: no such file or directoryと表示された場合は、下記のようにssh用のディレクトリ(フォルダ)を作成してから移動すればOK。

$ cd ~/
$ touch .ssh
$ cd .ssh

移動したら、公開鍵・秘密鍵のセットを作成します。

$ ssh-keygen -t rsa -C sample@example.com

最後のsample@example.comはBitbucketに登録した自分のメールアドレスに変えてください。

するとEnter file in which to save the key(/Users/xxxxx/.ssh/id_rsa): と入力を求められます。

もしすでに公開鍵・秘密鍵が複数あって他のものと区別したいときは、ここで「bitbucket」など自分がわかりやすいものを入力してEnter 。
名前を変更する必要がない場合は、そのままEnterを押して進んでください。

次にEnter passphrase (empty for no passphrase):とパスワード入力を求められます。

ここは何も設定せずEnterを2回押して進んでOKです。

これで鍵が作成できます。

接続設定ファイルを作成

次にBitbucketと接続するときに必要な設定ファイルを作成します。

ターミナルで下記コマンドを入力して、configというファイルが既にあるか確認してください。

$ ls | grep config

configと表示されればすでにファイルがあります。
何も表示されないときは、configファイルがありませんので下記コマンドで作成してください。

$ touch config

実際にconfigファイルを編集して設定情報を追記していきます。

vimがわかる方はvi configで編集してもいいですし、わからない方はVS Codeなどのエディターで変更してもOKです。
(ターミナルでopen .と入力すると、configファイルがある場所をFinderで開いてくれます)

configファイルに以下を追記します。

Host bitbucket.org
    User git
    Port 22
    HostName bitbucket.org
    identityFile ~/.ssh/id_rsa
    TCPKeepAlive yes
    IdentitiesOnly yes

ただし、鍵を作るときに名前を変更した方は indentityFileid_rsa部分を作成したファイル名に変更してください。
※拡張子は不要です。

Bitbucketに公開鍵を登録

次は作成した公開鍵をBitbucketに登録します。

Personal settingsを選択

まずBitbucketにログインして、ページ最下部にある設定メニュー「Personal Settings」に進んでください。

SSH鍵を作成ボタンをクリック

「SSH鍵」メニューの「鍵を追加」ボタンをクリック。

公開鍵を登録

「Label」欄にはこれから登録する鍵につける名前を入力します。
自分がわかればOKなので、「mac」「パソコン」など好きな名前をつけてください。

「Key」欄には公開鍵の中身を入力します。

$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub | pbcopy

とターミナルで入力すると、公開鍵の中身がコピーされるのでそのまま貼り付けます。
※鍵を作るときに名前を変えた人はid_rsaの部分を変更してください。

鍵を貼り付けたら「鍵を追加」をクリックして完了。

git clone

設定がおわったので、いよいよgit cloneしてみます。
以下のようにgitのリポジトリを指定してcloneしてみてください。

$ git clone git@bitbucket.org:xxxxx/xxxxxx.git

もし指定するときに何を入力すればいいか分からない人は、Bitbucket上で確認が可能です。

リポジトリの詳細画面

リポジトリ詳細画面の右上にある「クローンの作成」をクリック。

Clone this repository

赤枠の部分をクリックするとコマンドがコピーできますので、そのままターミナルで入力してください。

ちなみに、cloneする際にAre you sure you want to continue connecting (yes/no/[fingerprint])?と聞かれた場合はyesと入力すればcloneできます。

そのパソコンで初めて接続する際にSSH公開鍵のキャッシュを作成して、次回からスムーズに接続できるようにしてくれるものです。

まとめ

SSH鍵の登録は「何をしているのか」がわかりにくくて、初心者には少しハードルが高いかもしれません。

ただし、下記の手順を踏めば初心者でも設定が可能です。

  1. SSH接続のための公開鍵・秘密鍵を作成
  2. 接続設定ファイルを作成
  3. Bitbucketに公開鍵を登録
  4. git clone

gitを利用する際に必ず必要になる手順なので、この記事に沿って確実にセットアップしていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

SHARE

コメント

コメントする

目次
閉じる