画面全体のキャプチャ画像をワンクリックで作成できるFull Page Screen Capture

2019.08.06 便利ツール
画面全体のキャプチャ画像をワンクリックで作成できるFull Page Screen Capture

わからない受講生
いま見ているページ全体を一つの画像でスクショできないかな?

と思ったことはありませんか?

  • デザインの参考としてスクショを保存しておきたい
  • イメージの共有のために一つの画像で欲しい

というときは、Chromeの拡張機能「Full Page Screen Capture」を使うと非常に便利です。

アイコンをクリックするだけで、ページ全体が一つの画像になるのでおすすめ。

藤ミヤチ藤ミヤチ
拡張機能の導入や、使い方などをまとめたよ

Full Page Screen Captureは無料で使えるChromeの拡張機能

Full Page Screen Capture」は完全無料で使え、導入方法もとても簡単

Chromeウェブストアの「Full Page Screen Capture」ページで「Chromeに追加」ボタンをクリック。

Full Page Screen Capture

すると、ポップアップが表示されます。

追加確認のポップアップ

「拡張機能を追加」をクリックすれば完了です。

Full Page Screen Captureはワンクリックで全画面キャプチャが作れる

Full Page Screen CaptureをChromeに追加すると、ブラウザの右上にカメラのアイコンが追加されます。

カメラのアイコンが追加される

もし表示されていない場合は、一番みぎの「…」が縦になったマークをクリックするとカメラのアイコンがあるはずです。

あとは、スクリーンショットを撮りたいページを開いているときに、カメラのアイコンをクリックするだけでOK!

スクショ作成中

画面の右上に進捗状況を表すポップアップが表示されます。

ページのコンテンツ量にもよりますが、所要時間は1〜5秒ほど。
あっという間に完了です。

スクリーンショットが作成できたら、自動で新しいタブが開かれます。

screencapture

画面右上のボタンは、それぞれ以下の役割です。

ボタン

エラー報告

スクリーンショット作成に何らかのエラーが発生したときの、管理者への通知フォームへ遷移します。
基本的に使いません。

削除

今回作成したスクリーンショットを破棄します。

PDFで保存

作成したスクリーンショットをPDFの形式で保存します。
※デフォルトはUSレターサイズになっています。

画像で保存

作成したスクリーンショットを画像で保存します。
※デフォルトではPNG画像です。

履歴確認

これまでに作成したスクリーンショットの履歴を確認できます。

設定

PDFで保存するときのサイズ、画像の形式などを設定します。

藤ミヤチ藤ミヤチ
設定できる項目については、次で詳しく説明するよ

なお、はじめてPDFや画像でスクリーンショットを保存するときは、以下の警告が表示されます。

権限の要求

セキュリティ的に何の問題もありませんので、「許可」を押して保存してOKです。

Full Page Screen Captureで設定できる項目

Full Page Screen Captureの設定ページでは、以下を設定することができます。

  • 画像フォーマット
  • スクリーンショットを保存する場所
  • PDFのサイズ
  • スクリーンショットの自動保存
  • 権限

設定項目をひとつずつ見ていきます。

画像フォーマットの設定

image format

スクリーンショットを画像で保存するときのフォーマットを設定できます。

デフォルトはPNGになっていますが、JPGに切り替えることが可能です。

スクリーンショットを保存する場所の設定

directory

スクリーンショットを保存するフォルダ名を設定できます。

空欄のままにするとダウンロードフォルダに保存されますが、入力するとダウンロードフォルダ内に指定のフォルダを作成してスクリーンショットを保存します。

PDFのサイズ設定

pdf size

PDFとしてスクリーンショットを保存したときのサイズを設定できます。

デフォルトはUSのレターサイズになっているので、A4に変更するのが無難ですね。

スクリーンショットの自動保存に関わる設定

auto-download files

スクリーンショットを作成したら確認せずに保存するかどうかの設定です。

チェックが入っていると、確認はせず画像として保存するモードになります。

権限に関わる設定

permissions

最後に、権限に関わる設定ができます。

1項目の「Downloads permission」はチェックが入っていないと、スクリーンショットをダウンロードすることができません

チェックしたままにしておきましょう。

2項目目の「iFrame permission」は、ページ内にiframeでコンテンツが埋め込まれているときに、そのコンテンツ内までカバーするかどうかです。

ですが、チェックが入ってても入ってなくても、スクリーンショットの見た目に変化はありませんので、基本的にはチェックせずにおいてOKです。

全画面のスクリーンショットを作るなら、chrome拡張機能の「Full Page Screen Capture」がオススメ

いまブラウザで見ている画面をそのまま1つの画像としてスクリーンショットにしたいのであれば、Full Page Screen Captureがオススメです。

Chromeの拡張機能なので導入も簡単ですし、カメラアイコンをクリックするだけでスクリーンショットができるのが手軽でいいですね。

笑顏の藤ミヤチ藤ミヤチ
Chromeを使うなら、とりあえず入れておいていい拡張機能だと思う!
スキルアップしたいサイト制作者
向けの情報をつぶやくよ 藤ミヤチのTwitter
(ここをクリック/タップ)
シェア


この記事も参考になるかも
【導入必須】サイト制作におすすめのChrome拡張機能 7選
サイト制作やるなら入れておけ!Chromeの神・拡張機能「Wappalyzer」