みやちサイト制作所

未経験でもWEBサイト制作で稼ぐためのノウハウまとめ

閉じる

【HBook】WordPressのホテル予約プラグイン 導入方法まとめ

【HBook】WordPressのホテル予約プラグイン 導入方法まとめ

WordPressを使って、決済込みでホテルの予約サイトを作るには HBooks がおすすめ。

もともと海外製のプラグインでデフォルトは英語で、利用には$49と手数料$2(2019年12月時点)が必要です。

ただし、↓のようにデメリット以上のメリットがあります。

  • しっかり日本語化ができる
  • デザインが洗練されてて使いやすい
  • 1日に複数のプランを登録できる
  • 決済までスムーズに済ませてもらえる
  • クレカ決済OK

日本語での導入案内が少なくて困るかもしれませんが、この記事ではプラグイン購入からリリースまですべてカバーしています。

miyachi
記事の手順に沿って行けば、Hbookがスムーズに導入できるよ

【この記事の目次】

まずはHbookプラグインをインストールする

Hbookプラグインをダウンロードしインストール・有効化する

Hbookプラグインは、WordPress管理画面からダウンロード・インストールすることができません。

公式の配布サイトから購入後インストールします。

Hbookの公式ページ:
https://codecanyon.net/item/hbook-hotel-booking-system-wordpress-plugin/10622779

Hbook公式ページ

右サイドバーにある「Buy Now」をクリックします。

Hbook会員登録ページ

次に、アカウントの作成を行います。

「First Name」には下の名前を、
「Last Name」には名字を、
「Email」にはメールアドレスを入力します。

メールアドレス下にある項目にチェックを2ヶ所入れて、緑の「Next」をクリックしてください。

Hbook決済ページ

次のページでは、決済情報を入力します。

Hbookダウンロード

決済が完了すると、ダウンロードページが表示されるので、「Download」ボタンをクリックしてください。

ここでダウンロードできるのが、プラグイン「Hbook」の全ファイルです。

ダウンロードが完了したら、WordPressサイトにインストールします。

プラグインの新規追加

WordPressの管理画面で「プラグイン」のサブメニュー「新規追加」をクリック。

プラグインをzipで追加

画面の上にある「プラグインのアップロード」をクリックし、出てきた枠にダウンロードしたHbookのファイルをZIP形式のまま入れます。

アップロードができたら、そのまま有効化してください。

Hbookの認証コードを入力する

Hbookは、プラグインを有効化しただけでは使えません。
使用者ごとに発行される認証コードを入力する必要があります。

認証コードは、決済後に登録したアドレスに送られてくるメールに記載されているものです。

Hbook認証コード

メールに記載のコードを、管理画面に出現した「Hbook」のサブメニュー「Licence」に入力します。

Hbookの認証
Hbookの認証コードを入力

認証が完了すると使えるようになります。

サイトを効率的に作るための
秘蔵ノウハウを発信中

note

開発の基本的な部分はもちろん、コードをより素早く理解して書くための「コツ」をまとめました。15年の開発経験に裏付けられたノウハウをどうぞ!

詳しくはこちら

記事をシェア