macで「.htaccess」「.git」などの隠しファイル・隠しフォルダを表示させる

開発中にドットで始まる.htaccessなどの隠しフォルダ・隠しファイルを確認したいときがあります。

しかし、macはデフォルトだとFinder内に表示してくれません。

ターミナルやsublimeなどで存在の確認・編集はできるんですが、イマイチ手間。

調べたらターミナルで指定のコマンドを実行するだけでできることがわかったので、自分用メモもかねてまとめ。

目次

隠しフォルダ・隠しファイルを表示するコマンド

ターミナルで実行するコマンドは2つだけです。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

macの設定を変えたあと、Finderを一度終了させて設定を反映させます。

$ killall Finder

これで完了です。

きちんと隠しフォルダ・隠しファイルともに表示されるはずです。

隠しフォルダ・隠しファイルを非表示にするコマンド

逆に、隠しフォルダ・隠しファイルを非表示に戻すときには、以下のコマンドでいけます。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE
$ killall Finder

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

SHARE
目次
閉じる